産経WEST

特急停止で運転見合わせ JR日豊線、架線切れる 大分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


特急停止で運転見合わせ JR日豊線、架線切れる 大分

 10日午前7時20分ごろ、JR日豊線の豊前長洲駅(大分県宇佐市)近くで、乗客約200人が乗った大分発博多行き特急列車(7両編成)が立ち往生した。このトラブルで杵築-中津の上下線が運転見合わせとなり、約10時間半後の同日午後5時50分ごろ、運行が再開した。

 JR九州大分支社によると、特急が通過した踏切の近くで架線が切れていた。架線から電気を取り込む特急のパンタグラフも、三つ全てが車両の屋根から外れていたり折れ曲がったりしていた。同社が詳しい原因を調べている。

 同社は普通列車やバスで特急の乗客を代替輸送。後続列車の多くが運休した。

「産経WEST」のランキング