産経WEST

こうのとり11日の打ち上げを延期 種子島宇宙センター、天候悪化見込みで

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


こうのとり11日の打ち上げを延期 種子島宇宙センター、天候悪化見込みで

こうのとり7号機に搭載する物資回収用の小型カプセル(JAXA提供) こうのとり7号機に搭載する物資回収用の小型カプセル(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は、鹿児島県の種子島宇宙センターで11日に予定していた無人補給機「こうのとり」7号機を載せたH2Bロケットの打ち上げを延期した。打ち上げ後にロケットを追跡する施設があるグアム周辺で台風による天候悪化が見込まれるため。新しい打ち上げ日は改めて検討する。

 JAXAなどによると、種子島付近も11日にかけて雨の降りやすい状態だという。

 こうのとり7号機は国際宇宙ステーション(ISS)に生活用品や実験設備などを届ける。また今回は、宇宙から試料を地球に送り届けるための小型カプセルを初めて搭載している。

     ◇

 こうのとりは現行の物資補給機で世界最大の輸送能力を持つが、物資を運んだ後は大気圏で燃え尽き廃棄され、帰還できない。このため日本は実験試料の持ち帰りを米露の宇宙船に頼っており、回収までに時間がかかるなどの課題を抱えている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング