産経WEST

【ビジネスの裏側】元USJの森岡氏が沖縄パークに再挑戦 2020年代前半にハワイ超える

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
元USJの森岡氏が沖縄パークに再挑戦 2020年代前半にハワイ超える

テーマパークの沖縄進出に再挑戦する森岡毅氏。ハワイを超えるポテンシャルを持つと強調する(山田哲司撮影) テーマパークの沖縄進出に再挑戦する森岡毅氏。ハワイを超えるポテンシャルを持つと強調する(山田哲司撮影)

 テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社ユー・エス・ジェイでマーケティング本部長として、厳しかった経営状態を再建に導いた立役者の森岡毅氏が、USJ時代に実現できなかった沖縄でのテーマパーク開業に満を持して再び挑戦する。退社後に起業した会社「刀」が沖縄の地元企業などと組み、2020年代前半の開業を目指すという。(中山玲子)

 美しい自然が資源

 「沖縄にはハワイを超えるポテンシャルがある」

 森岡氏はユー・エス・ジェイ在籍時、新テーマパーク候補地に沖縄を選んだ理由を、こう述べていた。沖縄の青い海など美しい自然を観光資源にする戦略でパークを作れば、日本のみならず、中国や台湾などアジアから多くの観光客を呼び寄せることができる。これが森岡氏の構想だった。

 亡くなった翁長雄志知事や地元関係者の同意もほぼ取り付けたが、あと一歩のところで沖縄進出計画は撤回された。平成27年秋、米メディア大手コムキャストがユー・エス・ジェイを買収し、経営陣が入れ替わったのと同時に、今後の成長戦略も見直されたのがきっかけだった。新経営陣が、ユニバーサル・スタジオはシンガポールにあり、中国・北京にも2020年に開業予定で、系列ブランドのパークが競合してしまう可能性があるとの判断だった。森岡氏はこのとき、「沖縄はやりたかった」と悔しさを吐露している。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング