産経WEST

山鉾のご神体や装飾品を公開…京都伝統工芸館で10日まで

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


山鉾のご神体や装飾品を公開…京都伝統工芸館で10日まで

特別公開されている山鉾の装飾品=京都市中京区 特別公開されている山鉾の装飾品=京都市中京区

 祇園祭の山鉾(やまほこ)の一部であるご神体や装飾品を特別公開する展示会が、京都伝統工芸館(京都市中京区)で開かれている。10日まで。

 祇園祭山鉾連合会が各山鉾保存会と協力して開催。聖徳太子をまつる太子山や草を刈る翁を表した木賊(とくさ)山、伊勢で鬼を退治した神をまつる鈴鹿山のご神体が並んでいる。

 ほかにも、後祭(あとまつり)の巡行に参加する南観音山の木彫品や装飾品の鳥など約20点を紹介している。担当者は「ご神体や装飾品を間近に見られる機会はあまりないので、ぜひ見に来てほしい」と話している。

 午前10時~午後6時。入館無料。問い合わせは同館((電)075・229・1010)。

「産経WEST」のランキング