産経WEST

火元の男性を再び不起訴…父娘死亡火災 神戸地検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


火元の男性を再び不起訴…父娘死亡火災 神戸地検

 神戸地検は7日、神戸市東灘区の集合住宅で平成27年2月に父娘が死亡した火災で、重過失致死傷容疑で書類送検されて不起訴処分となり、神戸第1検察審査会が不起訴不当の議決をした火元の男性(77)について、嫌疑不十分で再び不起訴とした。

 勝山浩嗣次席検事は「指摘を踏まえ、新たに収集した証拠も含めて再検討したところ、起訴には至らないと判断した」と説明している。

 火災では集合住宅に住んでいた男性=当時(53)=と長女=同(30)=が死亡し、ほかに女性1人が軽傷を負った。

「産経WEST」のランキング