産経WEST

斉入さんと右団次さんが「道頓堀」でお練り…襲名披露公演前に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


斉入さんと右団次さんが「道頓堀」でお練り…襲名披露公演前に

二代目市川齊入さん(右)と三代目市川右團次さん(左)=7日午後、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影) 二代目市川齊入さん(右)と三代目市川右團次さん(左)=7日午後、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影)

 歌舞伎俳優の市川斉入さん(70)と市川右団次さん(54)が7日、大阪松竹座(大阪市中央区)での襲名披露公演「十月大歌舞伎」を前に、繁華街の道頓堀でお練りをした。人力車に乗った2人は、ファンからの歓声に笑顔で手を振った。

 2人は大阪府出身。平成29年1月に三代目右団次、同7月に二代目斉入の名跡をそれぞれ襲名した。共に上方発祥の名跡で、斉入さんは二代目右団次の孫に当たる。

 お練りには、右団次さんの長男、市川右近君(8)も登場。右近君は右団次さんの膝の上に座り、沿道からは屋号の「高嶋屋!」などと、にぎやかな掛け声が上がった。

 大阪松竹座前で開かれた式典で、右団次さんは「自分の育った町のすぐそばで襲名披露興行ができ、このような幸せはございません」と笑顔を見せた。

 大阪松竹座の「十月大歌舞伎」は10月2日から26日まで上演。

「産経WEST」のランキング