産経WEST

【プロ野球】阪神、広島のお株奪う集中打 5試合連続のふた桁安打

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
阪神、広島のお株奪う集中打 5試合連続のふた桁安打

 阪神は6日にマツダスタジアムで行われた広島戦で、 広島のお株を奪うような集中攻撃だった。阪神は1―0で迎えた五回、糸井の適時打で2点目を奪うと、陽川、大山、俊介にも続けざまに適時打が飛び出した。6連打で一挙5点。金本監督は「いつもこれぐらい気持ちよく打ってほしいね」と終始ご機嫌だった。

【プロ野球広島対阪神】6回 本塁打を放つ阪神・陽川尚将=マツダスタジアム(撮影・門井聡) 【プロ野球広島対阪神】6回 本塁打を放つ阪神・陽川尚将=マツダスタジアム(撮影・門井聡)

 陽川は六回にも本塁打を放つなど4安打の大活躍。五回はチャンスでコンパクトにバットを振り、六回は走者なしの場面で豪快な一発で持ち味を発揮。「打席の中でしっかりとスイングすることを心がけた」と振り返った。

 終わってみれば今季最多の20安打。これで5試合連続の二桁安打で、チームのウィークポイントだった打線は好調だ。これまでは福留、糸井のベテラン頼みだったが、後に続く陽川や大山のバットが振れてきたことでつながりが生まれている。

【プロ野球広島対阪神】5回、適時打を放つ阪神・糸井嘉男=広島市のマツダスタジアム(撮影・山田喜貴) 【プロ野球広島対阪神】5回、適時打を放つ阪神・糸井嘉男=広島市のマツダスタジアム(撮影・山田喜貴)

 首位の広島に敵地で連勝し、チームに活気が出ないはずはない。3位巨人とは1ゲーム差。金本監督は「個人個人の自信が、チームの自信になっていく」。この流れを失いたくはない。(丸山和郎)

このニュースの写真

  • 阪神、広島のお株奪う集中打 5試合連続のふた桁安打
  • 阪神、広島のお株奪う集中打 5試合連続のふた桁安打
  • 阪神、広島のお株奪う集中打 5試合連続のふた桁安打

「産経WEST」のランキング