産経WEST

中国人留学生、死刑確定へ…愛知県の家族3人殺傷

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中国人留学生、死刑確定へ…愛知県の家族3人殺傷

 愛知県蟹江町で2009年、親子3人を殺傷したとして強盗殺人などの罪に問われ、一、二審で死刑とされた中国籍の元留学生林振華(りん・しんか)被告(35)の上告審判決で、最高裁第1小法廷は6日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

 木沢克之(きざわ・かつゆき)裁判長は「強固な殺意に基づく無慈悲で残酷な犯行で、刑事責任は極めて重大だ」と指摘。以前起こした窃盗事件の罰金に充てる資金を得るため犯行に及んだとして「身勝手な動機に酌量の余地はない」と述べた。

 判決によると09年5月、会社員山田喜保子(やまだ・きほこ)さん=当時(57)=宅に侵入して金品を物色中、山田さんに見つかったため頭をモンキーレンチで殴り、次男雅樹(まさき)さん=同(26)=を包丁で刺して、それぞれ殺害。三男にもけがをさせ、約20万円を奪った。

 一審名古屋地裁判決は求刑通り死刑を言い渡し、二審名古屋高裁も支持。弁護側は計画性を否定し、死刑回避を求めていた。

「産経WEST」のランキング