産経WEST

映画監督・佐々木芽生さん「何があっても完成させる」 高校生に講演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


映画監督・佐々木芽生さん「何があっても完成させる」 高校生に講演

高校生を前に講演する佐々木芽生さん=大阪府豊中市 高校生を前に講演する佐々木芽生さん=大阪府豊中市

 高校生が将来について考えてもらおうと、「高校生のための文化講演会」(産経新聞社・一ツ橋文芸教育振興会主催、文部科学省・集英社後援)が5日、大阪府豊中市の履正社高校で開かれ、映画監督の佐々木芽生(めぐみ)さんが「夢をリアルに~なりたい自分になるために」と題してメッセージを送った。

 同校の1年生約280人が参加。講演では、初の映画制作で「何があっても完成させる決意をしていた」と強い意志で乗り越えてきたことを紹介。価値観が対立する題材をテーマにした際には「お互いの自由と意見を尊重することで社会が豊かになる」と語った。

 講演後、一ツ橋文芸教育振興会から生徒たちへ佐々木さんの著作などが寄贈された。講演に参加した難波ましろさん(15)は「医師になる夢に周囲から心配されるが、目標に近づく努力を続けることが大事だと分かった」と話した。

「産経WEST」のランキング