産経WEST

【台風21号】「関西経済に大打撃」 関空被害、影響長期化を懸念

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風21号】
「関西経済に大打撃」 関空被害、影響長期化を懸念

台風21号の影響で浸水した関西空港=4日午後7時15分(共同通信社ヘリから) 台風21号の影響で浸水した関西空港=4日午後7時15分(共同通信社ヘリから)

 近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風21号。関西の空の玄関口、関西国際空港も滑走路や空港施設が浸水し、タンカーが連絡橋に衝突する前代未聞の事態に見舞われた。復旧のメドは立っておらず、航空便への影響が長期化すれば、好調で推移する関西への外国人客の減少につながる恐れがある。

 関空を運営する関西エアポートによると、平成29年度の総旅客数は2880万人と過去最高を更新。中国や韓国、東南アジア圏を中心とした訪日客が牽引(けんいん)。30年度は開港以来初めて3千万人を突破すると期待されていた。被害の全貌は明らかになっておらず、関西エアの関係者は「こんなことは初めて。信じられない」と呆然(ぼうぜん)。関空を拠点とし、訪日客の利用も多い格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションの担当者は「被害の正確な状況が分からないため、今後の運航への影響も見通せない」と話した。

▼関空で孤立の5千人、船で輸送開始 110人乗り、ピストン輸送 運輸安全委が調査へ

 「関空がダメになると関西の訪日客はほぼダメになる。今回の状況が続けば大打撃」と懸念するのは訪日客向け旅行会社、フリープラスの小西宏明取締役。さらに不安視するのは、冠水した滑走路の映像などが全世界に流れることで起こる可能性のある関空の風評被害だ。小西氏は「大阪北部地震の影響からようやく元通りになるところだった。イメージダウンがとても怖い」と指摘した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング