産経WEST

デビルマン、マジンガーZ、キューティーハニー…永井豪の世界、過去最大級の展覧会 大阪・天保山で8日から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


デビルマン、マジンガーZ、キューティーハニー…永井豪の世界、過去最大級の展覧会 大阪・天保山で8日から

 マンガ界の鬼才・永井豪(72)の画業50年“突破”を記念した展覧会「永井GO展」が8日から24日まで、大阪市港区の大阪文化館・天保山(海遊館となり)で開かれる。多彩なジャンルの作品群を原画の迫力で体感できる、過去最大級の展覧会。天保山へGO!

永井GO展メインヴィジュアル 永井GO展メインヴィジュアル

 同展では永井豪の多彩な作品の直筆原画やカラーイラストを「鬼と悪魔」「ヒーロー、ヒロイン」「ギャグ」「ロボット」と大きく4つのジャンルに分け展示。このほか会場には「デビルマン」「マジンガーZ」の世界観を再現したエリアや、永井豪の仕事机の再現などさまざまな切り口で画業50年に迫っている。

 永井豪は石ノ森(石森)章太郎のアシスタントを経て、昭和42年「目明しポリ吉」でデビュー。翌43年に『少年ジャンプ』で連載を開始した「ハレンチ学園」は社会現象となり一躍脚光を浴びた。その後、永井はストーリーマンガに本格的に着手。「魔王ダンテ」(46年)で扱った神と悪魔というテーマは、「デビルマン」(47年)に引き継がれる。永井自身も「見えない力によって描かされていた気がする」と語るように、物語は衝撃的な展開をみせ、ラストシーンは多くのファンを魅了している。

 同年連載の「マジンガーZ」は「人間が搭乗し戦う」ロボットマンガの元祖といえる作品。そのアイデアは永井が渋滞に捕まった車に乗っているとき、車に足が出て前に進めないだろうか、という発想から始まったものだという。マジンガーZをはじめとした永井が生み出したスーパーロボットは、世代や国境を越えて愛され続けている。また、同年、当時の少年週刊漫画誌5誌に同時に連載を持つという快挙を成し遂げている。

続きを読む

このニュースの写真

  • デビルマン、マジンガーZ、キューティーハニー…永井豪の世界、過去最大級の展覧会 大阪・天保山で8日から
  • デビルマン、マジンガーZ、キューティーハニー…永井豪の世界、過去最大級の展覧会 大阪・天保山で8日から
  • デビルマン、マジンガーZ、キューティーハニー…永井豪の世界、過去最大級の展覧会 大阪・天保山で8日から

「産経WEST」のランキング