産経WEST

【関西の議論】生駒ケーブル開業100年秘話、廃線の危機救った山上遊園地の「飛行塔」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
生駒ケーブル開業100年秘話、廃線の危機救った山上遊園地の「飛行塔」

開業当時の生駒ケーブル。線路脇では駕籠(かご)が通過待ちをしている(近鉄提供) 開業当時の生駒ケーブル。線路脇では駕籠(かご)が通過待ちをしている(近鉄提供)

 28年度の乗降客数は約39万人。統計を取り始めた昭和50年度の約152万人から年々減少しているが、明るい兆しもある。訪日外国人客の増加だ。生駒山が観光スポットとして口コミやネットで広がっているようで、「(外国人に)聞いてみると、みんな『景色が見たい』と言う。珍しそうに車両の写真もよく撮ってくれている」と黒川さん。

 生駒市の小紫雅史市長(44)も「ケーブルカーは市になくてはならない存在。今後も市の顔として、宝として発展してほしい」と話している。

  

生駒ケーブルの歴史

 大正7年8月 鳥居前-宝山寺間の運輸営業開始(宝山寺1号線)

昭和元年12月 鳥居前-宝山寺間複線化(宝山寺2号線)

   4年3月 宝山寺-生駒山上間の運輸営業開始(山上線)

        生駒山上遊園地が開業

  19年2月 生駒山上に海軍基地設置により

        全線運輸営業休止(軍用運転は継続)

     6月 宝山寺2号線撤去作業開始(7月撤去)

  20年8月 宝山寺1号線・山上線営業再開

  28年4月 宝山寺2号線再建

  54年7月 生駒駅周辺の再開発に伴い、鳥居前駅を移設

  60年3月 鳥居前-宝山寺間の運転自動化

     6月 宝山寺-生駒山上間の運転自動化

平成12年3月 新車両「ブル」「ミケ」を宝山寺1号線に、

        「ドレミ」「スイート」を山上線に導入

  30年8月 開業100周年

このニュースの写真

  • 生駒ケーブル開業100年秘話、廃線の危機救った山上遊園地の「飛行塔」
  • 生駒ケーブル開業100年秘話、廃線の危機救った山上遊園地の「飛行塔」
  • 生駒ケーブル開業100年秘話、廃線の危機救った山上遊園地の「飛行塔」
  • 生駒ケーブル開業100年秘話、廃線の危機救った山上遊園地の「飛行塔」
  • 生駒ケーブル開業100年秘話、廃線の危機救った山上遊園地の「飛行塔」

「産経WEST」のランキング