産経WEST

【今週の注目記事】晴れの国おかやま」襲った豪雨…自治体の「災害少ない」PRが準備遅らせたか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
晴れの国おかやま」襲った豪雨…自治体の「災害少ない」PRが準備遅らせたか

岡山県倉敷市真備町の市立川辺小学校の校庭には昭和51年に発生した台風17号による浸水の水位を示す石碑がある 岡山県倉敷市真備町の市立川辺小学校の校庭には昭和51年に発生した台風17号による浸水の水位を示す石碑がある

 7月の西日本豪雨で広島、愛媛両県などともに甚大な被害を受けた岡山県。これまでは「晴れの国おかやま」をキャッチフレーズに「災害が少ない」とPRして移住・定住の促進などを図ってきたが、今回の水害では倉敷市真備町地区だけで51人の犠牲者を出すなど、そのイメージは大きく損なわれた。水害のみならず、遠くない将来に発生する南海トラフ巨大地震を念頭に、「災害の発生は時と場所を選ばない」という警戒の姿勢へと軌道修正が求められている。(吉村剛史)

「晴れの国」の根拠とは

 「災害が少ないという漠然とした信頼感が、(県民の)避難の遅れにつながった可能性は十分にある」

 豪雨発生後に会見した岡山県の伊原木隆太知事は沈鬱な表情でこう語った。影響自体は検証できていないとした上で、「災害が少ないことイコール安全ではないと発信してきたつもりだが、油断があった」と唇をかんだ。

 県は、気象庁が公表する平年値(過去30年間の降水量や気温などを平均した値で10年ごとに更新)のうち、全国都道府県庁所在地などの年間の「降水量1ミリ未満の日数」が最多であることを理由に、平成元年以降「晴れの国おかやま」をアピールしてきた。

 ただし、年間降水量が全国で最少というわけではなく、意図的な対外イメージづくりだったとの指摘もある。

本当に「地震が少ない」?

続きを読む

このニュースの写真

  • 晴れの国おかやま」襲った豪雨…自治体の「災害少ない」PRが準備遅らせたか

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング