産経WEST

【プロ野球の裏話】阪神のドラフト1位は大阪桐蔭・藤原か 即戦力投手優先の情報も 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球の裏話】
阪神のドラフト1位は大阪桐蔭・藤原か 即戦力投手優先の情報も 

 「生え抜きスラッガー」の育成に四苦八苦している阪神。今秋のドラフト会議(10月25日)では、夏の甲子園で優勝した大阪桐蔭の4番打者と、藤原恭大(きょうた)外野手(3年)を1位指名の最有力に挙げてきたが、ここに来て先発投手不足のチーム事情から即戦力投手を真っ先に指名する可能性も出てきた。(上阪正人)

大阪桐蔭の藤原恭大はどこの球団に入るか 大阪桐蔭の藤原恭大はどこの球団に入るか

右膝の不安がなくなった

 夏の甲子園で計3本の本塁打を放ち、大阪桐蔭を春夏連覇に導いた藤原は大阪・豊中市の豊中第五中学、枚方ボーイズ出身。阪神の畑山俊二スカウトは「昨年10月に痛めた右膝の不安がなくなったことが、右方向への強打や走塁に表れていた。走攻守にハイレベルな魅力あふれる選手」と最大級に評価した。阪神は、さらなる成長も見込んで、ドラフト1位候補にリストアップしていた。

 阪神打線は他球団から獲得した福留孝介や糸井嘉男らベテラン勢が主軸を担う。これから先、チームの柱となる中心打者を自前でそろえることは重要だ。

 その鍵を握るのが、将来性のある有力選手の獲得だ。現在、セ・リーグ打撃部門の主要タイトル争いで上位に名を連ねている日本人選手は、広島の丸佳浩、ヤクルトの山田哲人、DeNAの筒香嘉智ら、高卒でプロ入りした選手で占めら、それぞれのチームを牽引している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 阪神のドラフト1位は大阪桐蔭・藤原か 即戦力投手優先の情報も 
  • 阪神のドラフト1位は大阪桐蔭・藤原か 即戦力投手優先の情報も 
  • 阪神のドラフト1位は大阪桐蔭・藤原か 即戦力投手優先の情報も 
  • 阪神のドラフト1位は大阪桐蔭・藤原か 即戦力投手優先の情報も 
  • 阪神のドラフト1位は大阪桐蔭・藤原か 即戦力投手優先の情報も 
  • 阪神のドラフト1位は大阪桐蔭・藤原か 即戦力投手優先の情報も 

関連ニュース

「産経WEST」のランキング