産経WEST

子供の安全「みまもるワン」…関電がサービス正式発表 端末わずか5センチ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


子供の安全「みまもるワン」…関電がサービス正式発表 端末わずか5センチ

「みまもるワン」の端末。大きさは5センチ四方で、ランドセルなどに入れて利用する(サービスの公式ウェブサイトより) 「みまもるワン」の端末。大きさは5センチ四方で、ランドセルなどに入れて利用する(サービスの公式ウェブサイトより)

 関西電力は29日、スマートフォンで子供の居場所や移動履歴を確認できる見守りサービス「みまもるワン GPS BoT」の提供を始めると正式に発表した。事業を手がける子会社「関電セキュリティ・オブ・ソサイエティ」がホームページ上で明らかにし、同日から受け付けを始めた。関西の顧客を中心に、小学生の子供がいる全国の家庭向けに販売する。

 サービスはIT企業のビーサイズ(横浜市)と共同で提供する。5センチ四方の専用端末(重さ46グラム)を子供のランドセルなどに入れておくことで、保護者はスマホのアプリを通じて位置情報や移動履歴をリアルタイムに把握できる。

 端末は1台あたり4800円で、11月末までは特別価格の3980円で販売。月額利用料金は480円(いずれも税抜き)。

 子供の見守りサービス市場は、共働き世帯の増加に伴って今後も拡大するとみられ、警備業界以外の業種も相次いで参入。すでにJR西日本や中部電力、大阪ガスなども同様のサービスを提供している。

「産経WEST」のランキング