産経WEST

【軟式高校野球】「大阪桐蔭に続きたかった」…公立の雄、大阪・河南、優勝に一歩及ばず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軟式高校野球】
「大阪桐蔭に続きたかった」…公立の雄、大阪・河南、優勝に一歩及ばず

中京学院大中京に敗れ、引き揚げる河南ナイン=明石トーカロ 中京学院大中京に敗れ、引き揚げる河南ナイン=明石トーカロ

 軟式野球の全国高校選手権最終日は29日、兵庫県の明石トーカロ球場で決勝が行われ、中京学院大中京(東海・岐阜)が河南(大阪)を3-0で下し、2年連続9度目の優勝を果たした。

 大阪・富田林にある府立高校の河南は初優勝にあと一歩及ばなかった。 

 主戦の2年生右腕山岸は、2年連続全4試合完封の快挙を達成した中京学院大中京の右腕佐伯(さえき)と投手戦を演じ、七回まで無失点。しかし、0-0の八回に1死満塁からエンドランの内野ゴロで勝ち越し点を与えると、次打者に2点適時打を浴びて力尽きた。山岸は「硬式野球で大阪桐蔭が優勝し、同じ大阪のチームとして自分たちも笑顔で終わりたいと思っていたが、悔しい」と唇をかんだ。

 今大会は4度目の出場で初めて1回戦を突破。その勢いに乗り、頂点まであと一歩のところまで詰め寄った。田中監督は「普通の公立校でも全国大会の決勝まで来られるのだと、勇気を与えられたのでは。『軟式野球をするなら河南でやりたい』と思う少年たちが増えてくれたら」と話した。(上阪正人)

関連トピックス

「産経WEST」のランキング