産経WEST

子供の自殺防止へ「専門家に相談を」 兵庫・宝塚市、保護者にメール  

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


子供の自殺防止へ「専門家に相談を」 兵庫・宝塚市、保護者にメール  

 兵庫県宝塚市は子供の自殺が急増する夏休み明けを前に、市立小中学校の保護者らに対し、「子供の悩みを家庭で抱え込まず、学校や専門家に相談することが大切」などと記したメールを送信した。子供たちに向けたメッセージも含まれており、市は自殺防止を図りたいとしている。

 いじめや友人関係などに悩む子供たちは、新学期が近づくとともに追い詰められてしまうケースが多い。自殺総合対策推進センター(東京)によると、平成18~27年度の18歳以下の自殺者数は、8月下旬~9月上旬にピークを迎えていた。

 こうした現状を受け、市は今月24日、市内の小中学校と特別支援学校の保護者宛てにメールを送信。「『学校に行きたくない』『もうすぐ学校が始まる』と悩みしんどくなっていませんか。気持ちを話すことで気持ちが楽になることもあります」など子供向けのメッセージも盛り込み、相談窓口を紹介している。

 また、市内で始業式が行われる9月3日にも、児童や生徒に「あなたの『いのち』は家族にとってとても大切なものです」などとつづった手紙を渡す。

 問い合わせや相談は市教育支援課(電)0797・87・1718。

「産経WEST」のランキング