産経WEST

【西日本豪雨】倉敷市が補正予算案で250億円増額 過去最大

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
倉敷市が補正予算案で250億円増額 過去最大

 西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山県倉敷市の伊東香織市長は28日、平成30年度一般会計を250億円増額する9月補正予算案を発表した。災害復旧費や被災者支援の事業費が柱で、過去最大の補正額となる。補正後の一般会計は2245億円。

 約20万トンと見込まれる災害廃棄物の処理などに78億円を計上。被災した道路や橋の復旧事業に16億円を盛り込んだ。

 また、9月3日に市災害復興本部を設置すると発表。復興計画の策定や災害廃棄物の処理、被災者の日常生活の相談支援などに関する部署をそれぞれ新たに設ける。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング