産経WEST

人間国宝の大倉源次郎さん招き能楽ランチ…フォーシーズンズホテル京都、9月19日に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


人間国宝の大倉源次郎さん招き能楽ランチ…フォーシーズンズホテル京都、9月19日に

大倉流小鼓方十六世宗家、大倉源次郎さん 大倉流小鼓方十六世宗家、大倉源次郎さん

 フォーシーズンズホテル京都(京都市東山区)が9月19日、平成29(2017)年に人間国宝に認定された能楽大倉流小鼓方十六世宗家、大倉源次郎さんを特別ゲストに迎え、「京の文化と能楽囃子の魅力」がテーマの能楽ランチイベントを開く。

 平家物語にも記され、800年の歴史を誇る名庭「積翠園(しゃくすいえん)」が佇む東山の麓に平成28年10月、開業した同ホテルでは、積翠園内の茶室「積翠亭」で日本文化を啓蒙(けいもう)するさまざまな文化的イベントを定期的に開催してきた。

 今回、10月で開業2周年を迎えることから、より多くの顧客が楽しめるよう、会場を、京都の伝統工芸の粋を凝らした3階の「ボールルーム」(広さ366平方メートル、天井高5・4メートル)に変更した。

 当日は、大倉さんらが、今回のイベントのために特別に構成した、東山からも望める、京・六条が舞台の追憶の物語「融組曲(とおるくみきょく)」を披露するほか、大倉さんによる「京の文化と能楽囃子の魅力」がテーマの能楽トークセッションが行われる。司会は有斐斎弘道館(ゆうひさいこうどうかん、京都市上京区)の館長で専修大学准教授の濱崎加奈子さん。

 同ホテルの宴会料理長、桂憲二さんが、能楽の世界観や演目内容からインスピレーションを得て創作する4品の特別コース料理「ランチコースメニュー ~能「融」に寄せて~」を楽しむ。メニューは「ジャガイモの冷製スープと小さな野菜の小鼓仕立てキャビアとともに」「鮎のコンフィ 三日月ビーツサラダ蜜柑(ミカン)のソースとたで酢」「鶉の塩釜焼きとワイルドライスのピラフ 茸のラグーソース」。

 受付は午前11時から3階の「山桜ホワイエ」で。開演は午前11時30分から3階の「ボールルーム」。料金は1人3万円(サービス料15%、消費税8%は別途。料金は事前振り込みみ)。予約・お問い合わせは同ホテルの代表((電)075・541・8288)。公式サイトは、https://www.fourseasons.com/jp/kyoto/

「産経WEST」のランキング