産経WEST

【軍事ワールド】「トランプ宇宙軍」の目指す方向定まらず、視界不良…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
「トランプ宇宙軍」の目指す方向定まらず、視界不良…

ミッション(任務)の内容がほとんど公開されず「謎の宇宙機」と呼ばれるX-37(米空軍提供) ミッション(任務)の内容がほとんど公開されず「謎の宇宙機」と呼ばれるX-37(米空軍提供)

 米トランプ政権は9日、宇宙軍の創設を決定した。陸海空軍と海兵隊、沿岸警備隊に次ぐ6つめの軍事組織で、宇宙空間での軍事的活動領域を広げようとする中国やロシアへの対抗措置だとされる。だが、トランプ氏の「宇宙は米国が支配する」との言葉を実現するには、高いハードルがある。(岡田敏彦)

 宇宙を支配

 宇宙軍創設計画は9日、ペンス副大統領が国防総省で発表した。ペンス氏は「トランプ大統領が発言したように、宇宙にアメリカの存在が(人工衛星などとして)あるだけでは十分とは言えない。米国は宇宙を支配しなければならない」と強調。2020年までに宇宙軍を創設する計画を明らかにした。さかのぼること約1カ月半の6月18日にはトランプ米大統領もホワイトハウスで開かれた国家宇宙会議で同様の発言を行い「宇宙分野で米国の支配が必要だ」と断言しており、ペンス氏の発現はトランプ氏の意向を受けたものだ。

 宇宙で「軍」となれば、頭に浮かぶのはSF映画やSFアニメでおなじみの、人型ロボットや宇宙戦闘機がレーザー光線を撃ち合い戦うイメージが一般的ではないだろうか。だが、トランプ政権の「宇宙軍」は、こうした派手な戦いとは無縁のものだ。

 まず第一に、宇宙での戦闘機の撃ち合いやロボット同士の殴り合いといった戦闘は実現しない。宇宙へ出るということは、第一宇宙速度(秒速7・9キロメートル)以上の速さを有していることでもある。これより速度が遅いと地球の引力に引きずられ地表へ墜ちてしまうからだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「トランプ宇宙軍」の目指す方向定まらず、視界不良…
  • 「トランプ宇宙軍」の目指す方向定まらず、視界不良…
  • 「トランプ宇宙軍」の目指す方向定まらず、視界不良…

関連ニュース

「産経WEST」のランキング