産経WEST

大丸梅田店が女性向けアダルトグッズを販売する理由-SNSで変わる「夫婦愛」の価値観、予想以上の反響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大丸梅田店が女性向けアダルトグッズを販売する理由-SNSで変わる「夫婦愛」の価値観、予想以上の反響

 大丸梅田店に今月22日、女性向けアダルトグッズ「iroha(イロハ)」の期間限定ショップがオープンした。百貨店が同ブランドの製品を扱うのは初めて。賛否両論がありそうだが、出店の背景には、セックスレスや不妊の夫婦が増え、少子化が社会問題になる中、「夫婦の愛をないがしろにしないでほしい」という大丸梅田店の真剣な思いがあった。

大丸百貨店に期間限定で登場した女性用アダルトグッズの特設コーナー=23日、大阪市北区の大丸梅田店(前川純一郎撮影) 大丸百貨店に期間限定で登場した女性用アダルトグッズの特設コーナー=23日、大阪市北区の大丸梅田店(前川純一郎撮影)

縦格子で顔はわからず

 同店5階の女性向けフロア「うふふガールズ」エスカレーター横の特設会場。白木の縦格子に囲まれ、入り口にくすみピンクののれんがかけられた和モダンな空間に、男女が入っていく。縦格子の隙間から、店内の様子は少し透けてみえるが、中にいる人が誰なのかは分からない。

 イロハを展開するTENGA(テンガ)の広報担当、工藤まおりさん(26)は「女性はアダルトショップには入りにくく、ウェブサイトで買う人が多い。実際に触ってみてほしいのですが、女性の入りやすい店に置かせてもらうチャンスがこれまでありませんでした」と話す。

 百貨店への出店は前例がないだけに、どれだけの来客があるか予測不可能だったが、初日だけで60人が入店。24人が34点を購入し、売り上げは約10万円にのぼった。「思った以上の反響。ターゲットの20~30代だけでなく、さまざまな年代の方が来店し、ご夫婦も来られました」。工藤さんは手応えを感じている。

大丸百貨店に期間限定で登場した女性用アダルトグッズの特設コーナー=23日、大阪市北区の大丸梅田店(前川純一郎撮影) 大丸百貨店に期間限定で登場した女性用アダルトグッズの特設コーナー=23日、大阪市北区の大丸梅田店(前川純一郎撮影)

続きを読む

このニュースの写真

  • 大丸梅田店が女性向けアダルトグッズを販売する理由-SNSで変わる「夫婦愛」の価値観、予想以上の反響
  • 大丸梅田店が女性向けアダルトグッズを販売する理由-SNSで変わる「夫婦愛」の価値観、予想以上の反響
  • 大丸梅田店が女性向けアダルトグッズを販売する理由-SNSで変わる「夫婦愛」の価値観、予想以上の反響
  • 大丸梅田店が女性向けアダルトグッズを販売する理由-SNSで変わる「夫婦愛」の価値観、予想以上の反響

「産経WEST」のランキング