産経WEST

【関西の力】スポーツ用品メーカー(1)「日の丸スポーツ」関西に拠点 ハイテク技術の塊、ものづくり文化に支えられ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の力】
スポーツ用品メーカー(1)「日の丸スポーツ」関西に拠点 ハイテク技術の塊、ものづくり文化に支えられ

 今月16日に大阪府内で開かれた記者会見。ふだんはライバル関係にあるメーカー同士がタッグを組む異例の取り組みが発表された。

 「少子化のペースよりも野球人口減少のペースの方が速い。われわれのブランドを使って何かできないか」。ミズノ執行役員の久保田憲史氏(59)は熱っぽく訴えた。

ミズノ本社1階ギャラリーには昭和15年に作られたグラブ(左端)をはじめ、時代とともに変遷してきた野球道具が展示されている=大阪市住之江区(志儀駒貴撮影) ミズノ本社1階ギャラリーには昭和15年に作られたグラブ(左端)をはじめ、時代とともに変遷してきた野球道具が展示されている=大阪市住之江区(志儀駒貴撮影)

日の丸スポーツ 関西に拠点

 野球用品メーカー21社が集まって発足した「野球・ソフトボール活性化委員会(球活委員会)」。記者会見には、代表理事を務める久保田氏以外にも、アシックス、エスエスケイ、ゼットといった関西発祥のメーカーの幹部が出席した。今後は幼児でも使いやすい野球用具の共同開発などを行っていく予定で、スポーツ用品の歴史などを研究している大阪成蹊大の植田真司教授は「これからは『競争』だけでなく『協働』という視点が必要」と期待を寄せる。

▼【関西の力】野球(4)スター生む大阪 甲子園通算353勝 「他地域の子供より貪欲」

 そもそも、日本のスポーツ産業は、明治39(1906)年に水野利八氏が弟とともに大阪で水野兄弟商会(現ミズノ)を創業したのが始まりとされる。シャツや靴下などを売る「運動用品店」だったが、次第に野球のボールや運動服の製造を手がけ、現在の総合用品メーカーの礎を築いた。

 昭和10(1935)年に、後のデサントとなる石本商店が同じ大阪で誕生。24(1949)年にはバスケットボールシューズを製造販売する鬼塚商会が神戸で生まれた。現在のアシックスの前身で、初代社長の鬼塚喜八郎氏が全国を駆け回って改良を重ねた「オニツカ」のシューズは他競技でも五輪選手が愛用するブランドになった。

続きを読む

このニュースの写真

  • スポーツ用品メーカー(1)「日の丸スポーツ」関西に拠点 ハイテク技術の塊、ものづくり文化に支えられ
  • スポーツ用品メーカー(1)「日の丸スポーツ」関西に拠点 ハイテク技術の塊、ものづくり文化に支えられ

「産経WEST」のランキング