産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】大阪桐蔭・藤原のドラフト1位指名に“交換条件” 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
大阪桐蔭・藤原のドラフト1位指名に“交換条件” 

【第100回全国高校野球決勝 金足農(秋田)-大阪桐蔭(北大阪)】5回、適時二塁打を放つ大阪桐蔭の藤原恭大=甲子園球場(永田直也撮影) 【第100回全国高校野球決勝 金足農(秋田)-大阪桐蔭(北大阪)】5回、適時二塁打を放つ大阪桐蔭の藤原恭大=甲子園球場(永田直也撮影)

 鉄人には藤原1位指名なら先発型の新外国人投手2人獲得をセットで提示-。阪神は10月25日のドラフト会議で大阪桐蔭の藤原恭大外野手(18)を1位指名する方向で調整中です。電鉄本社からの強い意向で高山、大山に続く若手野手補強路線の継続ですね。しかし、来季が勝負の年となる金本知憲監督(50)の希望は即戦力投手。藤原1位なら来季一軍戦力とはいえず、現場のニーズに応じるためには先発型の新外国人投手2人の獲得が最低限の“交換条件”です。そして藤原1位には球団内外から2つの懸念が噴出しています。

 時が過ぎるのは早いものですね。第100回目を迎えた夏の全国高校野球選手権は大阪桐蔭が決勝で秋田の金足農高を破り、史上初の2度目の春夏連覇を達成。そして、プロ野球のドラフト会議(10月25日)の話題があちこちで交わされるようになりました。ついこの前、阪神は夏の長期ロードに旅立って…なんて書いていたのに、もう夏を通り過ぎて秋の話題ですよ。コチラが年をとったせいなのか、時間が過ぎるのが早すぎます。

 さて、注目すべき阪神のドラフト1位は誰なのか? 結論から先に書くと「現時点では藤原恭大外野手が濃厚」となっていますね。藤原は大阪桐蔭では1年夏からベンチ入り。甲子園は2年春から今夏まで4季連続出場しました。今大会では4番・中堅としてチームの中軸を担い、強打、強肩、俊足を発揮しました。左投げ左打ちで高校通算本塁打32本、50メートル5秒7。高校生No.1の野手をドラフト1位指名する方向で阪神球団は内部調整しているようですね。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大阪桐蔭・藤原のドラフト1位指名に“交換条件” 

関連トピックス

「産経WEST」のランキング