産経WEST

【アジア大会】男子グレコ130キロ級の園田 4年前からの成長示す銅メダル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【アジア大会】
男子グレコ130キロ級の園田 4年前からの成長示す銅メダル

 インドネシアで行われているジャカルタ・アジア大会は第5日の22日、男子グレコローマンスタイル4階級が行われ、130キロ級の園田新(あらた)(ALSOK)が3位決定戦でインドネシア選手にフォール勝ちし、銅メダルを獲得した。

 3位決定戦で園田は試合開始1分足らずでインドネシア選手に勝利。グレコローマン重量級のメダル獲得は1994年広島大会以来24年ぶりで「緊張したけど取れてよかった」と語った。

男子グレコローマン130キロ級で銅メダルを獲得し、笑顔を見せる園田新=ジャカルタ(共同) 男子グレコローマン130キロ級で銅メダルを獲得し、笑顔を見せる園田新=ジャカルタ(共同)

 4年前の仁川大会(韓国)で男子グレコローマン同級は勝つ見込みが薄いとして派遣が見送られる屈辱を味わった。しかし、「自分に勝つ実力はない」と認め、今年まで全日本選抜選手権を5連覇する実績を積み上げた。

 準決勝はカザフスタン選手に敗れたが、3位決定戦のチャンスを逃さなかった。重量級で海外勢に通用することを証明してみせ、「いつも、おまえは根性を出せば強いんだと言われてきた。そこは自信を持っていけた」と胸を張った。

(岡野祐己)

このニュースの写真

  • 男子グレコ130キロ級の園田 4年前からの成長示す銅メダル

「産経WEST」のランキング