産経WEST

背中で「暑さ指数」計測…「熱中症対策」ウエア開発 NTTとアシックスが実験

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


背中で「暑さ指数」計測…「熱中症対策」ウエア開発 NTTとアシックスが実験

衣服の内側の温度などを計測できるセンサーを搭載したスポーツウエアの試作品 衣服の内側の温度などを計測できるセンサーを搭載したスポーツウエアの試作品

 NTTとアシックスは23日、衣服内の温度などを計測できるセンサーを搭載したスポーツウエアを開発し、炎天下で作業する人々の熱中症対策に役立てる実験を始めたと発表した。東京五輪が開かれる2020年夏までの実用化を目指す。

 実験用の試作品はポロシャツの背中部分に縦約3センチ、横約4センチ、重さ11グラムのNTT製センサーを装着。衣服の内側の温度や湿度のほか、外部の日差しの強さから熱中症の危険度を示す「暑さ指数」を計測する。

 計測したデータは通信機能を使ってスマートフォンに表示され、個人別に熱中症のリスクを把握できる。センサーは磁石で着脱でき、ウエアは洗濯可能という。

 今後は幅広い年代の被験者約千人にさまざまな環境で試着してもらい、改良を重ねる。NTTの担当者は「熱中症の専門家とも連携し、より有効な活用方法を検討したい」と話した。

「産経WEST」のランキング