産経WEST

【虎番疾風録(13)】固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎番疾風録(13)】
固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し

 キャップの指令通り、本当に四六時中つきまとった。「お前ら、もうええ加減(かげん)にせぇ。勘弁してくれや」と何度、中西監督から言われたことか。そのたびに心の中で〈すんません〉と手を合わせた。

 「中西退団へ」の記事が載った昭和56年10月13日、監督を追いかけて名古屋市内の知人宅にいた。応接間には「怪童」と異名を取った若き日の太っさんのパネルがいくつも飾られていた。〈相撲でいうタニマチさんなんや〉

 午後3時過ぎ「成績不振を理由にしての退団は認めない」という球団側の方針が伝えられた中西監督は「気持ちはありがたいが、だからといって私の気持ちが変わることはない。とにかく明日(14日)の社長との話し合いの席で、私の気持ちを分かっていただく」ときっぱりと言い切った。

 辞任の意志は固い。それを受けて小津球団社長の心も次の段階へと進んでいた。

 「私の立場としては、慰留が失敗に終わったときのことも考えておかねばならないので、その点の情報収集はやっている」

意中の人は広岡達朗

 すでに後任監督招聘(しょうへい)への動きを始めている-と示唆したのである。意中の人はもちろん広岡達朗だった。

阪神は昭和53年の日本シリーズで「日本一」となったヤクルト・広岡監督の招聘に失敗した。右は阪急の上田監督 阪神は昭和53年の日本シリーズで「日本一」となったヤクルト・広岡監督の招聘に失敗した。右は阪急の上田監督

 広岡は昭和53年オフ、球団社長に就任した小津が、後藤次男監督の後任としてリストアップした「監督候補13人」の1人。当時、広岡はヤクルトの監督を務め「日本一」となった直後だったが、ヤクルト本社首脳との“確執”が噂された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し
  • 固かった辞任の決意…動き始めた後任監督探し

関連ニュース

「産経WEST」のランキング