産経WEST

【アジア大会】歓楽街不祥事のバスケ男子 「何としても勝ちたかった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【アジア大会】
歓楽街不祥事のバスケ男子 「何としても勝ちたかった」

僅差ながら香港に勝利し、スタンドに向かって一礼する日本代表の選手=22日午後、ジャカルタ(納冨康撮影) 僅差ながら香港に勝利し、スタンドに向かって一礼する日本代表の選手=22日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)

 歓楽街での不適切行為で4選手が代表から外されたバスケットボール男子日本は、1次リーグC組最終戦で香港に88-82で競り勝った。問題発覚後、残りの8人で戦う初めての試合。序盤からプレーに精彩を欠いたが、辻(川崎ブレイブサンダース)は「こういう状況になり、何としても勝たないといけないと思った。試合ができることに全員が感謝してコートに立った」と汗を拭った。

 「頭ではいつも通りやろうと思っていたが、気持ちが空回りした」と辻。8人では選手交代も普段のようにできないため、「後半は足に負担がかかっていた」という。それでも第4クオーターに79-79の同点から勝ち越し、最後はわずかな点差を死守した。

 選手とコーチらは20日にミーティングを開き、「日の丸を背負うことの自覚を持ち、8人で最後まで戦い抜こう」と誓い合ったという。

 準々決勝に進出しても厳しい戦いとなる。この日チーム最多19得点の太田(三遠ネオフェニックス)は「8人しかいないが、一人一人が目の前の試合を乗り越えていくことで、結果はついてくると思う」と語った。(岡野祐己)

「産経WEST」のランキング