産経WEST

【虎番疾風録(12)】新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎番疾風録(12)】
新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」

 9月2日のサンケイスポーツ1面には、中西監督の心の葛藤と『辞任決意』のスクープが載った。だが、左方キャップや「殿」平本先輩の顔には、笑みはなかった。この記事を境に虎番記者たちは、後任の監督問題など“ストーブリーグ”の真っただ中へ突入するからだ。

ストーブリーグのスクープ合戦

 「龍一、寝てられへんぞ」という左方の言葉通り、寝ているひまはなかった。ペナントレースでは巨人に大きく後れをとっていた阪神だが、グラウンドではベテラン藤田平が一人奮戦していた。9月19日の時点で藤田の打率は3割5分5厘で1位。2位大杉勝男(ヤクルト)3割4分1厘、3位篠塚和典(巨人)3割4分-と激烈な首位打者争いを演じていたのである。

 朝から小津球団社長や電鉄本社首脳を追いかけ、夜はナイターで打球を追いかける。そんな日々の中で、ちょうど1年前に起こった「監督騒動」を思い出していた。虎番になって初めて経験する本格的なストーブリーグだった。

 昭和55年、5月に退団したブレイザー監督のあとを受け、監督に就任した中西は、シーズン終盤の10月11日に突然「辞任」を表明した。

突然、辞任したブレイザー監督(右)のあとを受けて「監督」になった中西ヘッドコーチだったが… 突然、辞任したブレイザー監督(右)のあとを受けて「監督」になった中西ヘッドコーチだったが…

 その日、大阪市内の某所で、岡崎義人球団代表と来季のコーチ陣や外国人選手の処遇など「留任」を前提とした話し合いが行われる予定だった。ところが、冒頭で中西監督が「成績不振の責任を取って辞めたい」と申し出たのである。もちろん、岡崎代表は慰留に努めた。だが、中西監督の決意は固く翻意しない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」
  • 新米記者に飛び込んできた中西監督「辞任劇」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング