産経WEST

【関西の力】野球(3)田中将、ダルビッシュ、前田健…大リーガーの原石競い合う大阪発祥のボーイズリーグ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の力】
野球(3)田中将、ダルビッシュ、前田健…大リーガーの原石競い合う大阪発祥のボーイズリーグ

 関西の少年野球を語る上で、忘れてはならないのが大阪発祥のボーイズリーグ(本部・大阪市浪速区)の存在だ。南海ホークス(現ソフトバンク・ホークス)の監督だった鶴岡一人氏が理事長としてリーダーシップを発揮し、国内に5つある主要な中学年代の硬式野球リーグの中でも最大の組織となった。クラブチーム日本一を争う「全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ」で8度の優勝を飾るなど、米国生まれのリトルリーグの中学生版であるリトルシニアを上回る実績を残してきた。

ヤンキースの田中将大(ゲッティ=共同) ヤンキースの田中将大(ゲッティ=共同)

選手全員による投票でレギュラー決める

 リーグの発展に貢献しているのが、“すご腕”の指導者。その一人が平成5(1993)年から4年間、打撃投手としてオリックス、阪神、西武を渡り歩き、現在は宝塚ボーイズ(兵庫県宝塚市)で監督を務める奥村幸治氏(44)だ。オリックス時代にはイチロー(43)=マーリンズ=の専属打撃投手となり「イチローの恋人」と注目された。田中将大(28)=ヤンキース=を育てたことでも知られる。

▼【関西の力】野球(1)断トツの野球王国・大阪 目立ってナンボの「いちびり文化」、自分を主張できる土壌

 甲子園球場で春と夏に行われる高校野球の全国大会には、毎回のように宝塚ボーイズのOBが強豪校のメンバーとして出場し続けている。高校で飛躍できる秘密はどこにあるのか。

 宝塚ボーイズに在籍する約100人の中でベンチ入りできるレギュラーはわずか20人。その選出方法は選手全員による投票で「自分以外に絶対にレギュラーになってほしいと思う人」を紙に書かせるのだという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 野球(3)田中将、ダルビッシュ、前田健…大リーガーの原石競い合う大阪発祥のボーイズリーグ
  • 野球(3)田中将、ダルビッシュ、前田健…大リーガーの原石競い合う大阪発祥のボーイズリーグ
  • 野球(3)田中将、ダルビッシュ、前田健…大リーガーの原石競い合う大阪発祥のボーイズリーグ
  • 野球(3)田中将、ダルビッシュ、前田健…大リーガーの原石競い合う大阪発祥のボーイズリーグ
  • 野球(3)田中将、ダルビッシュ、前田健…大リーガーの原石競い合う大阪発祥のボーイズリーグ
  • 野球(3)田中将、ダルビッシュ、前田健…大リーガーの原石競い合う大阪発祥のボーイズリーグ

「産経WEST」のランキング