産経WEST

サントリー「響30年」の偽物販売容疑 東京の男2人逮捕 瓶は本物、中身すり替え 三重

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


サントリー「響30年」の偽物販売容疑 東京の男2人逮捕 瓶は本物、中身すり替え 三重

 三重県警は21日、フリーマーケットアプリで偽の「サントリーウイスキー響30年」を販売したなどとして、商標法違反と詐欺の疑いで、東京都中野区の古物店店員の男(29)と東京都渋谷区の男(26)を逮捕した。容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成29年6~7月ごろ、仙台市の男性会社員(29)に、フリマアプリを通じ、響30年の偽物5本を販売、サントリーホールディングス(HD)の商標権を侵害し、代金計99万円をだまし取った疑い。本物の瓶と箱を入手し、他のウイスキーを入れていたとみられる。

 三重県の住民から「ネットで偽物の響を販売している人がいる」と情報提供があり、捜査していた。サントリーHDによると、響30年はメーカー小売価格12万5千円(税別)。インターネット上で高額で取引されているという。

「産経WEST」のランキング