産経WEST

元妻宅に拳銃と実弾保管、暴力団幹部に逆転実刑 名古屋高裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元妻宅に拳銃と実弾保管、暴力団幹部に逆転実刑 名古屋高裁

 配下の組員に指示して自分の元妻宅に拳銃と実弾を預け、保管したとして銃刀法違反(加重所持)の罪に問われた指定暴力団任侠山口組傘下組織の幹部、百瀬雅樹被告(42)=長野県松本市=の控訴審で、名古屋高裁(山口裕之裁判長)は21日、無罪とした一審名古屋地裁判決を破棄し、懲役7年の実刑判決を言い渡した。

 組員(40)=同罪などで公判中=への指示の有無などが争われたが、山口裁判長は「無断で幹部の近親者宅に拳銃を預けたという組員の供述は不自然で信用できない」と指摘し、「被告が組員に指示して元妻宅に持参させたとみるのが自然で合理的だ」と判断した。

 判決によると、百瀬被告は平成29年6月に松本市内の元妻宅で拳銃1丁と実弾10発を所持した。

 捜査関係者によると、当時の百瀬被告の所属は指定暴力団神戸山口組系だった。

「産経WEST」のランキング