産経WEST

台風19、20号 相次ぎ西日本へ 大雨長期化、土砂災害警戒

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


台風19、20号 相次ぎ西日本へ 大雨長期化、土砂災害警戒

 強い台風19号、その後ろに台風20号が控え、いずれも西日本に近づいている。19号は23日にかけて九州の西を回り込むように進みそうだ。20号は19号の経路のやや内側を進み、24日にかけて四国などに上陸する可能性がある。大雨が長時間続くため、土砂災害のリスクが高まる恐れがある。暴風や高波への警戒も必要になる。

 19号は20日、日本の南海上を西寄りに進んだ。21日夕方から夜遅くにかけて非常に強い勢力で九州南部・奄美地方にかなり近づく。気象庁は九州南部や奄美、四国の太平洋側、豊後水道で高波への警戒を呼び掛けた。

 紀伊半島から九州の太平洋側では21日から22日にかけて南東向き斜面を中心に大雨となり、総雨量が多くなりそうだ。

 21日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で四国200ミリ、東海、近畿150ミリ、沖縄120ミリ、九州南部、奄美100ミリ。21日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は奄美45メートル(60メートル)、九州南部40メートル(55メートル)、沖縄23メートル(35メートル)。波は九州南部、奄美11メートル、沖縄、九州北部、四国6メートル、近畿、東海5メートル。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング