産経WEST

【衝撃事件の核心】部下の女性の連れ去り計画 公判で分かった逮捕された上司の異常性

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
部下の女性の連れ去り計画 公判で分かった逮捕された上司の異常性

給食会社の女性が上司の男に襲われた現場の老人ホーム=1月25日、大津市 給食会社の女性が上司の男に襲われた現場の老人ホーム=1月25日、大津市

 今年1月、大津市の老人ホームの駐車場で給食会社の女性社員(24)が襲われ、連れ去られそうになる事件が起きた。女性からの連絡で駆けつけたという男性上司(49)も「物陰から現れた犯人に顔を殴られた」といい、滋賀県警が捜査を開始。ところが翌日未明、わいせつ略取未遂などの疑いで逮捕されたのはこの上司だった。検察側は、女性に一方的に好意を募らせ犯行に及んだとして同罪などで起訴。大津地裁の公判では、女性の着替えを盗撮したりスマートフォンをのぞき見したりという、上司の日ごろからの執拗(しつよう)で異常な行為も明らかにされた。

厳寒の朝の犯行

 公判によると、事件が起きたのは1月25日午前5時半ごろ。大津市はこの日最低気温がマイナス3・5度で、比叡山麓の同市西部にある老人ホームの駐車場にはうっすらと雪が積もっていた。

 そこへホームでの朝食準備のため女性が車で出勤。車を降り、通用口の鍵を開けて入ろうとしたところ、突然、建物の陰から飛び出してきた人物に羽交い締めにされ、押し倒された。

 さらに顔に金属ようのものを押し当てられ車に連れ込まれそうになった。必死に抵抗していると、別の社員が出勤してきたため犯人は逃走、女性は110番するとともに上司の携帯電話にも連絡した。

 「近くにいるから行く」。電話を受けた上司は、ほとんど時間をおかずにやってきた。この日は休みのはず、しかも自宅は京都市内だ。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング