産経WEST

【関西の議論】大阪市の公園が次々閉鎖 実は関電の土地だった

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
大阪市の公園が次々閉鎖 実は関電の土地だった

関電に土地の返還を求められ、閉園した「遠里小野3丁目第1児童遊園」の跡地。関電が立ち入りを禁止する看板を立てている=大阪市住吉区 関電に土地の返還を求められ、閉園した「遠里小野3丁目第1児童遊園」の跡地。関電が立ち入りを禁止する看板を立てている=大阪市住吉区

 関西電力が数十年にわたり、大阪市に無償で貸していた土地を利用した公園が少なくとも2カ所、閉鎖していたことが分かった。保有する不動産を整理して経営体質の改善を図りたい関電が土地の返還を求めたのに対し、大阪市が買い取りや有償での借り受けができないと判断したからだ。今まで利用してきた公園が急に使えなくなった地域住民からは困惑の声が上がっている。

 関電には感謝も

 市によると、もともと市内には公園として使われていた関電の所有地が10カ所(計約8700平方メートル)あった。

 いずれの土地も40年以上にわたり、関電と1年ごとに契約を更新する形で無償貸与を受けていたという。近くに送電鉄塔がある場所が多く、地域住民は「迷惑料として貸してくれたのではないか」と指摘する。

 ところが、このうち少なくとも4カ所の土地について、関電が平成27年に売却目的で返還を市に要求。市はいずれの土地の買い取りなどには応じなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大阪市の公園が次々閉鎖 実は関電の土地だった

「産経WEST」のランキング