産経WEST

【正木利和の審美眼を磨く】目に突き刺さる溪仙の群青

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【正木利和の審美眼を磨く】
目に突き刺さる溪仙の群青

冨田溪仙《「列仙」のうち「西王母」》大正9(1920)年 顔料、紙 滋賀県立近代美術館蔵 冨田溪仙《「列仙」のうち「西王母」》大正9(1920)年 顔料、紙 滋賀県立近代美術館蔵

 基本の色に配色のアクセントをつけるために差し込む色を「差し色」という。

 グレーのスーツに明るい色のネクタイを締める。あるいは、明るい色のポケットチーフを差す。

 そんな風にファッションで使う言葉なのだが、絵画を見ていて、ときおりその言葉が浮かぶことがある。

 それは、洋画、日本画を問わず、いわゆる、色彩画家(カラリスト)と呼ばれる人の絵に多い。

 たとえば、夭折(ようせつ)した洋画家たちの絵でいえば、関根正二(1899~1919年)の「信仰の悲しみ」にみるバーミリオンであり、村山槐多(1896~1919年)の「バラと少女」のガランス。

 関根の朱色は、ベースとなる寒色のなかで、まるで自己の内面の情熱のように燃えている。村山の茜(あかね)色もまた、貧しさのなかで渇望する希望の色のように輝いている。

   □    □

 和歌山市吹上の和歌山県立近代美術館( http://www.momaw.jp/ )で「院展の画家たちIII 禅僧の如(ごと)き風姿-冨田溪仙の画境」を見た。

 いま大規模改修のさなかの滋賀県立近代美術館のコレクション作品5点のほか書簡などの資料8点で、冨田溪仙(1879~1936年)という、深い味わいのある絵を描いた日本画家を紹介する展示である。

 彼の絵を見ていて気づくのは、目に突き刺さらんばかりに飛び込んでくる色がある、ということだ。

 群青(ぐんじょう)。

 それを差し色のごとく、効果的に使う。

 たとえば「淡路島」という作品のなかの波の色。

 あるいは「保津鮎釣」という作品の岩陰の色。

 冷たく冴(さ)えわたったその色は、関根のバーミリオンや村山のガランスのように、溪仙という画家の個性を表しているのではないかと思うのだ。

   □    □

 溪仙は福岡・博多の商家に生まれ、18歳のときに日本画家、都路華香(つじかこう)の書生となった。華香は四条派、幸野楳嶺(こうのばいれい)門下の四天王とうたわれた人物だったから、若いころの溪仙は、同世代の木島櫻谷(このしまおうこく)や橋本関雪のようなしっかりとした歴史画を残している。

 ところが、彼はそこにとどまっているのをよしとはせず、さまざまなものを貪欲に吸収しようとした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 目に突き刺さる溪仙の群青

関連ニュース

「産経WEST」のランキング