産経WEST

宴会場「瑞鳥」明るく改装、婚礼からビジネスまで対応 ホテル阪急インターナショナル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


宴会場「瑞鳥」明るく改装、婚礼からビジネスまで対応 ホテル阪急インターナショナル

「瑞鳥」の改装イメージ(ホテル阪急インターナショナル提供) 「瑞鳥」の改装イメージ(ホテル阪急インターナショナル提供)

 ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区)は17日、6階宴会場「瑞鳥(ずいちょう)」(573平方メートル)の改装を終え、18日にリニューアルオープンすると発表した。白が基調の内装とし、婚礼からビジネスの会合まで幅広く使えるようにする。

 瑞鳥は同ホテルで2番目に広い宴会場で、改装は平成19年5月以来、約11年ぶり。白壁の一部に大理石と真鍮(しんちゅう)の装飾を施し、「流星」を思わせるベージュ色のじゅうたんに変えて高級感を演出した。以前は壁や扉に黒色を用いていたが、今回の改装で「より明るくして利用シーンを広げたい」(広報)との狙いがある。

 宴会場のロビースペースにあたる「ホワイエ」も全面改装し、宴会場とデザインを統一。また、煙が外に漏れない喫煙室を同フロアに新設した。

このニュースの写真

  • 宴会場「瑞鳥」明るく改装、婚礼からビジネスまで対応 ホテル阪急インターナショナル

「産経WEST」のランキング