産経WEST

【富田林脱走】「接見の自由」逆手に 「面会中は監視NG」の特性、逃走に影響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【富田林脱走】
「接見の自由」逆手に 「面会中は監視NG」の特性、逃走に影響

 大阪府警富田林署から男が逃走した事件では、面会室という施設の特性が男に最大限に有利に働いた。容疑者らが弁護士ら外部の人と面会できる権利「接見交通権」を十分に保障する必要があるため、原則的に時間制限がなく、手錠や腰縄も外される。警察は面会状況を監視してはならず、立ち会いも、カメラの設置も許されない。今回の事件では、そこに警察側の不手際が合わさり、前代未聞の脱走を招いてしまった。

富田林署2階の面会室から容疑者が逃走していくイメージ 富田林署2階の面会室から容疑者が逃走していくイメージ

終了把握せず

 「留置施設は身柄拘束のためにあるが、面会室は容疑者の権利を守るためのもの。容疑者の動向をチェックしたり聞き耳を立てたりすることはできない」。元警察官僚で京都産業大の田村正博教授(警察行政法)はこう解説する。

 逮捕されて勾留中の容疑者は、取り調べや刑事裁判での防御活動のため、面会室で立ち会いなしで、いつでも弁護人と接見できる。警察側が早く終わるよう催促すれば、この権利の侵害になりかねない。

 田村教授は「(面会室が)警察側が自由に運用することができない空間という前提で、逃走防止策を講じなければならない」と注文をつける。

 こうした状況下で、接見の終了を把握する手段が、(1)面会者側の出入り口に設置されたブザー装置(2)終了時の「声かけ」依頼-だった。

 ところが富田林署ではブザー装置の電池が普段から抜き取られ、作動していなかった。同署はブザーの使用は義務づけられていたわけではなく、面会者に終了したとの声をかけてもらう方法で問題なく運用できていたとしている。

▼逃走に使ったとみられる赤い自転車発見、羽曳野市周辺潜伏か 足取り初めて判明

富田林警察署の南側の塀周辺を捜索する鑑識の捜査員ら=14日午後、大阪府富田林市(永田直也撮影) 富田林警察署の南側の塀周辺を捜索する鑑識の捜査員ら=14日午後、大阪府富田林市(永田直也撮影)

続きを読む

このニュースの写真

  • 「接見の自由」逆手に 「面会中は監視NG」の特性、逃走に影響
  • 「接見の自由」逆手に 「面会中は監視NG」の特性、逃走に影響
  • 「接見の自由」逆手に 「面会中は監視NG」の特性、逃走に影響

「産経WEST」のランキング