産経WEST

JR駅高架橋の壁材落下、けが人なし 福岡

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JR駅高架橋の壁材落下、けが人なし 福岡

 13日午後5時25分ごろ、福岡市東区筥松2丁目のJR箱崎駅東口で、高架橋の壁材の一部がはがれ、約4・5メートル下の通路付近に落下しているのをJR九州社員が発見した。けが人はいなかった。

 はがれた壁材は縦約2・7メートル、横約0・6メートル、厚さ8ミリ、重さ11キロ。高架下を行き来できる通路付近に、複数の破片が散らばったという。

 同社によると、壁材は平成14年に設置され、2年に1度の点検を9月に予定していた。同社が落ちた原因を詳しく調べる。

「産経WEST」のランキング