産経WEST

【銀幕裏の声】世界の細田アニメ 最新作「未来のミライ」、本当は“実話”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
世界の細田アニメ 最新作「未来のミライ」、本当は“実話”

映画「未来のミライ」のワンシーン (C)2018 スタジオ地図 映画「未来のミライ」のワンシーン (C)2018 スタジオ地図

 「時をかける少女」や「サマーウォーズ」などのアニメ映画が国内外の映画祭で称賛された細田守監督の待望の最新作「未来のミライ」が全国で公開中だ。未来から現れた妹と、過去や未来をタイムトラベルする4歳の男の子の成長物語。兄妹の冒険が織りなすSFファンタジーの根底に流れるテーマは、細田監督がこれまで一貫して描いてきた“家族の絆”だ。4歳児の視点から、家族の在り方、その未来像を見据えた渾身(こんしん)作で、カンヌ国際映画祭で世界初上映されるなど注目度も高く約100カ国・地域での上映が決定している。世界で支持される細田アニメの魅力とは? 製作の舞台裏を細田監督に聞いた。

 (戸津井康之)

■家族のシーンをアニメで再現

 新作の主人公は、4歳児のくんちゃん(声・上白石萌歌(もか))。父(同・星野源)と母(同・麻生久美子)の愛を一身に受けながら暮らしていたが、妹の未来が誕生し、くんちゃんの日常は一変する。両親は妹の世話に追われ、自分にかまってくれなくなる。妹に愛を奪われたと思い、傷付くくんちゃんの前にある日、少女が現れる。ミライ(同・黒木華)という名の不思議な少女の正体は、未来から現代へやって来た妹だった…。

 実はこのオリジナルストーリーは、細田監督の長男の夢から生まれたという。

 「現在5歳の長男と2歳の長女がいるのですが、ある朝、長男が『夢の中で大きくなった妹と会ったよ』と話してくれたんです」

続きを読む

このニュースの写真

  • 世界の細田アニメ 最新作「未来のミライ」、本当は“実話”
  • 世界の細田アニメ 最新作「未来のミライ」、本当は“実話”
  • 世界の細田アニメ 最新作「未来のミライ」、本当は“実話”

関連トピックス

「産経WEST」のランキング