産経WEST

【リレー講座 関西経営者列伝】フェリシモ・矢崎和彦社長(1)社名の由来は…関係するすべてがハッピーに-の願い込め

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【リレー講座 関西経営者列伝】
フェリシモ・矢崎和彦社長(1)社名の由来は…関係するすべてがハッピーに-の願い込め

 関西有力企業のトップが独自の経営哲学を語る「リレー講座 関西経営者列伝」の第2回が7月20日、産経新聞大阪本社(大阪市浪速区)で開かれ、総合通販大手のフェリシモの矢崎和彦社長が自身の半生を振り返った。講座の模様を詳報する。(聞き手は産経新聞大阪本社編集局・内田透)

「デザイン・クリエイティブセンター神戸」の自社スペースで笑顔をみせる矢崎和彦社長=神戸市中央区 「デザイン・クリエイティブセンター神戸」の自社スペースで笑顔をみせる矢崎和彦社長=神戸市中央区

商品にオリジナリティーを

 --キッチン用品、手芸用品、文具など、あらゆるものを通信販売している。現在、力を入れているものは

 「最近は街を歩いてもモノであふれかえっています。家の中もモノと情報でいっぱいです。だから、一つ一つの商品の後ろにある考え方にちゃんとしたオリジナリティーがあるものを作ろうとしています。例の一つとして『フェリシモ猫部』があります。ネコの好きな社員が、ネコと人が幸せに共生できる社会を本気で考えました。商品が売れる度にお金がプールされる仕組みになっています。それをネコに不妊治療を施している団体に寄付するなどしています。この考え方や一連の活動に大きな評価をいただいており、われわれも力を入れています」

▼【リレー講座 関西経営者列伝】がんこフードサービス・小嶋淳司会長(1)人口減でも「国内市場は心配ない」

 --現在の会員数、顧客数は

 「コンピューターを導入した後、当社から1回でも購入していただいた人数は1100万人くらいです。同じ人が2回購入しても1回と数えています。年間で1回以上購入する人は100万人くらい。1人で平均5、6回購入してくれます。気に入っていただいたらずっと買っていただけます。みんなそうですよね。新聞も一緒ですね」

続きを読む

このニュースの写真

  • フェリシモ・矢崎和彦社長(1)社名の由来は…関係するすべてがハッピーに-の願い込め
  • フェリシモ・矢崎和彦社長(1)社名の由来は…関係するすべてがハッピーに-の願い込め

「産経WEST」のランキング