産経WEST

【富田林脱走】「ブザー装置」電池抜き取りは富田林署だけ…勾留中容疑者から「うるさい」とクレームか?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【富田林脱走】
「ブザー装置」電池抜き取りは富田林署だけ…勾留中容疑者から「うるさい」とクレームか?

面会室から逃走イメージ図 面会室から逃走イメージ図

 大阪府警の容疑者逃走事件で、接見室の扉が開くと音が鳴るブザー装置の電池を抜き取っていたのは、府内65署のうち富田林署だけだったことが13日、府警への取材で分かった。「理由を調査している」としているが、勾留中の容疑者からブザーの音がうるさいとクレームがあったため、抜いていた可能性があるとしている。

 府警によると、無職、樋田淳也容疑者(30)=加重逃走容疑で指名手配=は12日夜、富田林署2階にある接見室のアクリル板を押し破り、弁護士側の扉から署内を抜けて逃走したとみられる。扉は施錠されていなかった。

 扉には開くとブザーが鳴る装置があったが、富田林署は「接見終了時に弁護士が署員に声を掛けることが多いため不要」として電池を抜いていた。

 事件を受け、府警が全署の運用状況を調べた結果、他の署は電池や電源が入っており、扉を開けると鳴るようになっていた。

このニュースの写真

  • 「ブザー装置」電池抜き取りは富田林署だけ…勾留中容疑者から「うるさい」とクレームか?
  • 「ブザー装置」電池抜き取りは富田林署だけ…勾留中容疑者から「うるさい」とクレームか?
  • 「ブザー装置」電池抜き取りは富田林署だけ…勾留中容疑者から「うるさい」とクレームか?

「産経WEST」のランキング