産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】“死のロード”もはや死語 鳥谷は「8億円」の真価発揮を

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
“死のロード”もはや死語 鳥谷は「8億円」の真価発揮を

巨人戦で安打を放った鳥谷敬=東京ドーム(撮影・山田喜貴) 巨人戦で安打を放った鳥谷敬=東京ドーム(撮影・山田喜貴)

 鳥谷は8億円の真価を今こそ発揮しなければなりません。阪神は夏の長期ロード(7月27日~8月26日)の9試合消化時点で5勝4敗。先週のコラムで書いた通り甲子園球場以外の勝率の良さを示しています。首位・広島との13ゲーム差(9日現在)は絶望的ですが、CSファーストステージ開催権を得る2位とはわずか1・5ゲーム差。十分にチャンスはありますね。ポイントを握る選手は鳥谷敬内野手(37)。今季の年俸は4億円。契約最終年の来季も4億円です。球団の投資に報いるためにはチームに貢献するしかありません。自身の野球生命を賭けた戦いにもなるはずです。

 やはり今季の傾向はそのまま出ています。夏の高校野球の開催のため、本拠地・甲子園球場を旅立った阪神は9試合消化時点で5勝4敗。京セラドームでの2試合(ヤクルト戦、2連勝)を含みますが、長期ロードはこの時点で勝ち越しているのです。もはや“死のロード”という言葉こそが死語になったと言えるかもしれません。

 通算でもロードは23勝21敗。ホーム(京セラ5試合、倉敷マスカット1試合含む)は20勝27敗1分。京セラ3勝2敗、マスカット1勝ですから甲子園球場では16勝25敗。チームは92試合消化時点で43勝48敗1分ですから、もし甲子園球場での勝ち負けが逆転していれば、今頃は広島と激しい優勝争いを繰り広げていることになります。

続きを読む

このニュースの写真

  • “死のロード”もはや死語 鳥谷は「8億円」の真価発揮を

関連トピックス

「産経WEST」のランキング