産経WEST

【競泳】バタ転向1年目の持田早智が「銀」 自由形でリオ五輪リレー出場の19歳

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【競泳】
バタ転向1年目の持田早智が「銀」 自由形でリオ五輪リレー出場の19歳

女子200メートルバタフライ決勝 2位に入り喜ぶ持田早智=東京辰巳国際水泳場 女子200メートルバタフライ決勝 2位に入り喜ぶ持田早智=東京辰巳国際水泳場

 シンデレラガールが現れた。女子バタフライ200メートルで2位に入ったのは、この種目に本格転向したのが今季からという19歳の持田。「メダルが狙えない位置にはいないと思っていた。諦めずに狙って、取れてラッキー」と、初めて手にするメダルに笑顔をみせた。

 50メートルのターンは全体トップで通過。表彰台圏内を維持し続け、「ラストスパートできる体力は残していた」と冷静だった。狙い通り150メートル時点の3位から再び巻き返すと、ゴール前でさらに一つ順位を上げた。

 高校2年で2016年リオデジャネイロ五輪の女子800メートルリレーに出場。だが、昨年は自由形で世界選手権代表からは落選。伸び悩み「水泳が嫌いになった時期もあった」が、バタフライに活路を見いだすことで前へと進むことができた。

 リオ五輪でリレーを組んだ1学年下の池江にも教えを請うなど、貪欲に泳ぎを磨いている。ロンドン、リオ五輪銅メダルの星奈津美(なつみ)が引退した200メートルは、今回4位の長谷川とともに10代が引っ張る。「改善点は数え切れないほど。のびしろはまだまだある」と話す持田の新しい挑戦は始まったばかりだ。(大宮健司)

このニュースの写真

  • バタ転向1年目の持田早智が「銀」 自由形でリオ五輪リレー出場の19歳

「産経WEST」のランキング