産経WEST

【ボクシング】山根会長が辞任表明「先に相談した嫁から…」「本当に…」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ボクシング】
山根会長が辞任表明「先に相談した嫁から…」「本当に…」

記者会見で辞任を表明した日本ボクシング連盟の山根明会長=8日、大阪市北区(甘利慈撮影) 記者会見で辞任を表明した日本ボクシング連盟の山根明会長=8日、大阪市北区(甘利慈撮影)

 助成金流用や過去の暴力団組長との関係が批判を受けている日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が8日、大阪市内で辞任を表明した。

 「本日をもって辞任をいたします。昨夜、家に戻って嫁に相談した。死ぬまで面倒を見ていくから楽になってくださいと言われたので決意をした」と決断にいたる経緯を説明。「選手のみなさまにはこのような問題があったことに関して、会長として申し訳ありませんでした」と述べた。「先に相談した嫁が、面倒をみてくれると言ったので」と明かした。

 日本連盟が7日に開いた緊急理事会では、自身の去就を一任され、終了後「男としてのけじめを話す。時間をください」と辞任の可能性をにじませていた。

▼理事だんまり…東京五輪から外される 連盟ガバナンス危機

 山根会長は、都道府県連盟の幹部らで構成する「日本ボクシングを再興する会」が日本オリンピック委員会(JOC)などに提出した告発状で不正疑惑を指摘され、助成金の流用の事実は認めた。審判員の不正判定や過剰な接待の要求などは全面否定している。

 しかし、疑惑に反論する過程で反社会勢力との交友を公言する姿が波紋を呼び、スポーツ庁の鈴木大地長官が「事実だとすれば辞任に値する」と述べるなど、周囲の見方は厳しさを増していた。

▼【詳報】山根会長「3時間、理事会で…」「辞めても嫁が…」

このニュースの写真

  • 山根会長が辞任表明「先に相談した嫁から…」「本当に…」

「産経WEST」のランキング