産経WEST

【関西の議論】変わる戦争遺跡 特攻隊員出撃の鶉野飛行場跡が熱気球の聖地に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
変わる戦争遺跡 特攻隊員出撃の鶉野飛行場跡が熱気球の聖地に

 近年では、明治期のレンガ造りの砲台跡などが残る友ケ島(和歌山市)がアニメ「天空の城ラピュタ」の舞台に似ているとして観光客の人気を集め、旧陸軍の毒ガス製造工場が置かれた大久野島(広島県竹原市)は戦後持ち込まれ野生化したウサギが繁殖し「ウサギの島」として外国人も足を運ぶ観光スポットになるなど、戦争遺跡以外の要素が誘客につながる事例も多く出てきている。

鶉野飛行場跡から離陸する熱気球=兵庫県加西市 鶉野飛行場跡から離陸する熱気球=兵庫県加西市

 戦争遺跡保存全国ネットワークの出原恵三共同代表は、「かつての戦争のゆかりの場所が、長年の時を超えて利用目的が変わっても、戦争の本質や背景を考えさせる解説や展示をする努力は大切。一面的なイメージが先行し、戦争遺跡としての本質が見過ごされないような工夫が必要だ」と指摘している。

このニュースの写真

  • 変わる戦争遺跡 特攻隊員出撃の鶉野飛行場跡が熱気球の聖地に
  • 変わる戦争遺跡 特攻隊員出撃の鶉野飛行場跡が熱気球の聖地に
  • 変わる戦争遺跡 特攻隊員出撃の鶉野飛行場跡が熱気球の聖地に
  • 変わる戦争遺跡 特攻隊員出撃の鶉野飛行場跡が熱気球の聖地に
  • 変わる戦争遺跡 特攻隊員出撃の鶉野飛行場跡が熱気球の聖地に
  • 変わる戦争遺跡 特攻隊員出撃の鶉野飛行場跡が熱気球の聖地に

「産経WEST」のランキング