産経WEST

【衝撃事件の核心】中国に「旧日本軍が残した札束」はすべて偽札だった

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
中国に「旧日本軍が残した札束」はすべて偽札だった

 聖徳太子が描かれた旧一万円札の偽札を渡したなどとして偽造通貨交付罪に問われた中国籍の男(65)に対する裁判員裁判の判決公判が7月、大阪地裁で開かれた。男は偽札約180枚と引き換えに4万人民元(事件当時のレートで63万円相当)を受け取っていたという。「旧日本軍が中国に残した遺産」と男はもうけ話を持ちかけていたが、偽札などに詳しい専門家は眉唾物だと一刀両断。地裁も男に懲役3年を言い渡した。

「旧日本軍の遺産」

 判決によると、事件の全体像は次のようなものだ。

 《男ら中国側の人物は、偽造の旧一万円札を日本側の人物に売却することで利益を得ようとした。一方、日本側の人物は日本で現在の一万円札に換金してもうけを出そうとした》

 これを念頭に事件を追う。

 当時日本に住んでいた男は平成24年春、日本人の知人に「旧日本軍が中国に残していった装飾品などの民族遺産がある」などと持ちかけた。この話に知人ともう1人の日本人が乗り、男は25年6月、“民族遺産”に含まれている旧一万円札約180枚を日本人男性に渡し、4万人民元を受け取った。

 だが、これはすべて偽札だった。

 日本国内に偽一万円札が出回っていることが発覚。警察が捜査を進めると、男から偽札を受け取っていた日本人2人の存在が浮上した。警察は、偽札であることを認識しながら詐欺話に乗っかり、売りさばいてもうけようとしたとみて27年1月、2人を偽造通貨輸入容疑で逮捕。28年までにいずれも実刑判決が確定した。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング