産経WEST

【関西の力】ハイテク素材(2)B787機の半分は東レの炭素繊維 米国抜いた大阪の技術

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の力】
ハイテク素材(2)B787機の半分は東レの炭素繊維 米国抜いた大阪の技術

 2003年、米ワシントン州シアトル。東レ現地法人の大西盛行社長(当時)あてに1本の電話がかかってきた。相手は米航空機大手、ボーイングで中型機部門の責任者を務めるウォルター・ジュレット氏だった。

機体の半分に東レの炭素繊維を採用したボーイングの中型機「B787」 機体の半分に東レの炭素繊維を採用したボーイングの中型機「B787」

世界の空を変えた「驚異の低燃費」

 「次の中型機では炭素繊維を機体の半分に使用したい」。ジュレット氏の求めに大西社長は「イエス」と即答した。機体の軽量化で驚異的な低燃費を実現した「B787」の設計プランが固まった瞬間だった。

 大西社長は、電話を切った後も興奮を抑えられなかった。機体の半分となると主翼や胴体部分など、それまで金属を使用していた重要な部材も含まれるからだ。「いよいよ炭素繊維が航空機製造の主役になる」

 同機は09年に初飛行。11年以降、航空各社が相次いで導入し「世界の空を変えた」とされる。

▼【関西の力】ハイテク素材(1)炭素繊維は京の竹が起源

次世代機でも

 東レとボーイングの関係は、小型機「B737」の内装材に炭素繊維が使用された1975年にさかのぼる。その後、中型機「B767」では翼の部品で機体の上昇・下降を制御する「フラップ」やエンジンカバーに使用された。それでも機体の3%程度だった。

 80年代までの炭素繊維製品は衝撃に対する強度に問題があり、主翼や胴体部分などには使用できないとされていた。しかし、東レは繊維の層の間に衝撃を吸収する粒子を入れることで強度を高めることに成功。

 95年に運航を始めたボーイングの大型機「B777」では尾翼や床下材などに採用された。そして「B787」で、ついに主役の座を射止めた。

 東レのボーイング向け供給総額は1兆3千億円を超える。ボーイングはさらに、2020年の運航開始を目指す次世代大型機「B777X」でも主翼などに東レの炭素繊維を使用する予定だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ハイテク素材(2)B787機の半分は東レの炭素繊維 米国抜いた大阪の技術
  • ハイテク素材(2)B787機の半分は東レの炭素繊維 米国抜いた大阪の技術
  • ハイテク素材(2)B787機の半分は東レの炭素繊維 米国抜いた大阪の技術

「産経WEST」のランキング