産経WEST

合同製鉄、朝日工業のTOB発表…最大126億円で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


合同製鉄、朝日工業のTOB発表…最大126億円で

 電炉メーカーの合同製鉄は6日、同業の朝日工業に対し株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。公正取引委員会の審査を経て来年2月にも買い付けを開始する予定で、最大約126億円を投じて完全子会社化を目指す。買い付け価格は1株当たり1800円。朝日工業はTOBに賛同の意見を表明している。

 電気炉で鉄スクラップを溶かして鋼材をつくる電炉メーカーは原料高や国内需要の先細りなどで厳しい経営環境にある。このため完全子会社化を通じて設備や技術を相互活用したり、製品のラインアップを拡充したりして競争力を強化する。

 大阪市内で記者会見した合同製鉄の明賀孝仁社長は「競争力強化で今後も社会に貢献していきたい」と述べた。

「産経WEST」のランキング