産経WEST

「ゴルフツーリズム」で三重の魅力発信 岡本直之三重県商工会議所連合会長寄稿

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ゴルフツーリズム」で三重の魅力発信 岡本直之三重県商工会議所連合会長寄稿

岡本直之・三重交通グループホールディングス会長 岡本直之・三重交通グループホールディングス会長

 歳時記ではもう立秋、秋を迎える。暑さは残暑に、暑中見舞いも残暑見舞いへと変わる。しかしながら、立秋を前にしてまだまだ暑い日が続いている。ゴルフが数少ない趣味の一つである小職にとっても、このところの異常な暑さは大変である。

 さて、現在三重県は、ゴルフを通じた観光「ゴルフツーリズム」に取り組み、海外からのゴルフツアー誘致を推進している。ゴルフツーリズムは欧米を中心に著しい成長を見せており、殊に富裕層を主なターゲットしていることから、付帯的な経済効果も大きいと期待されている。

 5月に、毎年数百名のゴルファーが来県いただいているタイからゴルフ場関係者がお越しになり、情報交換する機会を得たことから、今度は来月上旬に三重県商工会議所連合会としてタイを訪問し懇親を深めることとなっている。

 また秋には、志摩観光ホテルで「日本ゴルフツーリズムコンベンション2018」が開催される。さらなる交流人口の拡大のため、世界各国の旅行会社、日本国内のゴルフや観光関連事業者を招いてゴルフツアーの商談を行うものだ。県内のゴルフ場に加え、歴史や文化、食など多様な魅力を直接感じてもらうことで誘客を図りたい。

 緑に囲まれて、親しい友とプレーするゴルフは仕事のストレス解消には最適である。また、ゴルフというスポーツは、プレーにその人の性格がよく表れるところも大変おもしろい。食事を数回共にするより、ゴルフを1回一緒にプレーしたほうがその人のことをよく知ることができるといわれている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング