産経WEST

ボクシング連盟が登録拒否は不当…五輪目指す「高山」仲裁申し立てへ アマ登録求め

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ボクシング連盟が登録拒否は不当…五輪目指す「高山」仲裁申し立てへ アマ登録求め

練習を公開し、会見に応じる高山勝成(大宮健司撮影) 練習を公開し、会見に応じる高山勝成(大宮健司撮影)

 ボクシングで日本初の世界主要4団体制覇を果たし、アマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成選手(35)=名古屋産大=が、日本ボクシング連盟にアマ登録を求めるため、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に仲裁を申し立てると2日、同選手の代理人弁護士が発表した。6日に手続きを行い、記者会見する。

 国際ボクシング協会(AIBA)は16年リオデジャネイロ五輪からプロ選手の出場を解禁したが、日本連盟はプロ経験者の試合出場を認めていない。高山選手側は同連盟がプロ選手を排除することに合理的な理由はなく登録拒否は不当だと主張している。

 また、同代理人によると、日本連盟は、争いごとの解決の申し立てを受けて自動的に応諾する「自動受託条項」を設けていないという。この点や助成金流用問題を受け、ガバナンス(組織統治)不全と指摘した。

「産経WEST」のランキング